サンタさん、いつもありがとう。

個展の時、ひとり楽しんだ絵手紙
「サンタさん、いつもありがとう」
b0124466_95984.jpg
サンタさんに出した絵手紙
1枚1枚に思い出が・・・・懐かしいな。

これが、箱に入ったまま、うずもれている。
なんだかもったいないな~。


ありがとう。嬉しい。。。。ほんとに感動して描くと、
あとで見ても、感動がよみがえる気がする。

今日もサンタさん、頑張ってるんだろうな。
私も時々、サンタさんになる。

人に喜ばれるって嬉しい。
嬉しいことが続く11月12月。。。なんだか幸せ♪

by mu-2008 | 2008-11-18 09:22 | 2008個展 | Comments(4)

がっこう絵手紙特別号 2008

ビックリ・・・・自分の記事が載ってました。
大御所に混じって、恐縮です。

↓大好きなおばあちゃんと写って幸せ。
ちょうど1年前の今日(7月3日)描いたのも載ってました。
b0124466_21421027.jpg
がっこう絵手紙なので
いつもと違う視点で声をかけられたのかな?

絵手紙で活躍されている中心は60代70代・・・
祖父母目線ではなく

親目線の考えが欲しかったのかな?
等と思いました。

公認講師ですが、
縁がないので教室はもっていません。
 
来るものは拒まず、
去るものは追わず主義?

「どこで教室しているのですか?」の
要望に応えられず・・・・・ゴメンネ。

同世代の忙しい働きマン・ママ友
学校の先生・学生さん等に見てほしい。

見て、和んでもらいたい。

小さな喜びを感じてほしい。
幸せを感じてほしい。

だから、ブログをはじめました。

今日も、見に来てくれて、ありがとう。

↓ちなみに表紙はこんな感じです。
b0124466_20373913.jpg


* 若い世代という表題は、協会で付けたようです。
   なんだか年寄りみたいで微妙(笑)

by mu-2008 | 2008-07-03 20:36 | 2008個展 | Comments(12)

まだかな・まだかな・まだかなぁ~  「帰ります」メール

女人傭が、なんだか誰かの帰りを待ってるように見えたので、
こんな言葉が生まれました。
b0124466_7582226.jpg
個展では、サラリーマンに人気がありました。
仙建ギャラリーはオフィスビル1階なので、サラリーマンが多かった。

コレは、去年の結婚記念日チョット前にかいたもの。
夕御飯は、「帰ります」メールを見てから作る。

やっぱり御飯・味噌汁もちろん、おかずも出来たてが、イチバン!
夫が食べてる前で、今日の出来事をオシャベリ。

「ランチは○○○○」を見て、夕飯のメニュー考えるんだから・・・
ランチのメールは忘れないでね。

会話も大切だけど・・・
食事って、体にも心にも大切。だよね。。。


今日から普通の日。
みんなも、誰かが待っていること忘れずに・・

今日も一日がんばろう!。

by mu-2008 | 2008-05-07 08:14 | 2008個展 | Comments(4)

幸せを運んでくれた胡蝶蘭

今日、仙台上杉六郵便局で「私の絵手紙」と再会。
b0124466_20435578.jpg

最近、なんとなく落ち込んでた。
たまたま寄った、いつもの郵便局で再発見!

なにしてたんだろう。って思っちゃった。
個展の時の気持ちを忘れるところだった。。。

できるできる!やればできる!きっとできる!君ならできる!

自分で書いといて、忘れてた。
郵便局のおかげで、思い出せた。

今日も笑顔と元気をもらった。
その後の朗読も快調・・・盲学校でも素敵な出会いがあった。


胡蝶蘭の花言葉は「幸せを運んでくる」
個展で友人がくれた胡蝶蘭。

みんなに幸せを運べるような絵手紙をかきたいな。

by mu-2008 | 2008-04-25 20:58 | 2008個展 | Comments(4)

あなたに あえて よかった

個展から1ヶ月が過ぎました。 なんだか ずっと前のような気がします。
b0124466_16592875.jpg


絵手紙展の隠れたテーマ「幸せ感じる心のゆとり」でした。
心にゆとりがないとかけない絵手紙。。

なにかを感じるには、心にゆとりが必要なのかも。
そんな気がします。
b0124466_16593768.jpg


これが、案内状の元「2007年3月の絵手紙カレンダー」です。
b0124466_1712532.jpg


毎月かいて贈ってる絵手紙
いつアップすればいいのか?悩みます。。

by mu-2008 | 2008-04-13 17:14 | 2008個展 | Comments(2)

大好き  れんじ11ヶ月(犬)

これが 噂のれんじ。
b0124466_17252329.jpg


この写真では・・・イマイチ?なのだが、
個展では、モテモテ 大人気!!でした。(笑)

いわゆる早描き。
絵手紙の基本「ゆっくり・ゆっくり」では描けない!!

生きてる動物なんだもん。。。

ゆっくり線がかけるようになると・・・たまの早描きも線が生きてくるんだわ。
と勝手に感じました。 うふ。



b0124466_17442942.jpg


動物・ペット

by mu-2008 | 2008-04-05 17:34 | 2008個展 | Comments(2)

はじめてかいた絵手紙

b0124466_752727.jpg

2004年2月12日 はじめて絵手紙としてかいた絵手紙。

なんてヘタなんでしょう。。。
教室でかいたとき そう思った。誰にも出せない・・・

でも夫にあげた。笑ってた。

絵手紙は手紙なので、かいたら宛名を書き切手を貼りポストに入れなさい!
芸術品でも作品でもない手紙に失敗はない!

と先生に言われた。
私は、ふ~ん。そうなんだと思い、いろんな人に絵手紙かいて出した。

みんな喜んでくれた。「ありがとう」「嬉しい」「うまいねぇ~」・・・
今、思うと お世辞?(笑)

褒められると嬉しくて・・・もつともっと上手くなりたいと思う。
そして東京へ通い、お勉強。。。美術館・博物館通い。

私には、いい先生がいっぱいいたのだ。
褒めてくれる人は みな いい先生。

10年後の自分に向かって、コツコツ頑張る。


あんな素敵なギャラリーに これを展示してもいいのか? と悩みつつ展示。
誰にでもかける絵手紙を知ってほしかった。

ただ誰にでもかける絵手紙の深さは、感じる人にしか分からない。
そんな気がする。

by mu-2008 | 2008-04-05 07:31 | 2008個展 | Comments(2)

私の絵手紙のテーマ 「敬愛信」

b0124466_613197.jpg

絵手紙をかき続けている人は、あるレベルに行くと、たいていテーマがある。
何かを追い求めて、かき続けている。

例えば・・自然の草花・画当・仏像・人物・動物・風景 など
また書く手段として、筆以外に 竹ペン・割り箸・爪楊枝・タオル筆 など

なにか人と違う・自分らしさを表現したくなっていく。
私もなにか 自分のテーマがほしかった。

片岡鶴太郎さんの初期の作品が好きで、真似して左手でかいたことがあった。
「基本が大切。あなたは上を目指すんだからダメ!」と注意された。

ある時期に基本をしっかり学ばないと、のびないらしい。
ある日 線ののびが変わった感じがあった。

生きている線だった。
生きている線は美しい。周りのにじみもキレイだった。

私には、テーマがないと、ずっと思ってた。
でも個展をするにあたり、昔の絵手紙をみていたら・・あった。

「敬 愛 信」 という心のテーマ
高校を卒業する時に恩師からもらった言葉。

愛があれば、人を敬うことができる。
愛があれば、人を信じることができる。
人を敬うことで、愛が生まれる。
人を信じることで、愛が生まれる。

言葉が書かれた色紙をいつも玄関に飾ってた。
引越しするたびに、玄関に飾ってみてた。。。。

あるとき、なくなっていることに気がついた。引越し13回もしたから??
仕事に追われていた時?どこかに無くしてしまった。

きっと心がすさんで悲しい時期だ。きっとそう。
今は色紙はないけれど、たまに心にその文字が浮かんでくる。

絵手紙をかくことで、人として大切なことを思い出せた。
厳しい先生というのは、ほんと心あったかい。

いい先生に出会えたことに感謝している。

by mu-2008 | 2008-04-05 06:56 | 2008個展 | Comments(0)

笑顔ですごせる今が好き

b0124466_16561870.jpg

2004年~県の朗読奉仕に参加している。
ほんとは、手話をやるつもりだったのだが・・・ひょんなことから試験を受けた。

2年間の研修を受け、朗読奉仕員として お手伝い中。
もちろんボランティアなので、無償。

県の視覚障害者情報センターに職員はいるが・・・
録音図書・点字図書はボランティアが作っている。みんなで支えている。

こういうことは、学校では教えてくれない。
私も自分が参加して初めて知った。

世の中に、「自分とは違う人がいる。いろんな人がいる。」ってことを知ることは大切だ。
普通だと思って生活していると気が付かないことがある。

個展で、これを展示するか悩んだが・・・
先生に「知ってもらうことは大切だよ。展示しよう!」と言われ展示した。

盲学校に通う生徒の短歌集を読んで感じたことを言葉にしました。
涙が出てきて、録音が上手くいかなかった・・・


途中で全盲になった人の言葉を紹介します。

「目が見えないのは不便だけれど、不幸じゃないのよ。」
「私、今しあわせよ!。」と笑顔でいうのです。

どこかで、なにかが崩れました。
心のどこかで、可哀相と思う失礼な自分がいました。

未熟でした。人と比較する醜い心があったのです。
それから生き方が変わったような気がします。 

この出会いに感謝。


個展で、何人が興味をもったのか?感じたのか?わからないが・・・
1人でも何かを感じてくれる人がいたらいいな。

b0124466_17165430.jpg

by mu-2008 | 2008-04-04 17:17 | 2008個展 | Comments(2)

絵手紙の歌

b0124466_7581469.jpg

絵手紙を子供達にわかりやすく伝えるために・・・・という歌。
これも半切に、ゆっくりゆっくり かきました。

ちなみに私は、メロでィーがわからず、歌えません。
b0124466_815880.jpg

by mu-2008 | 2008-04-03 08:03 | 2008個展 | Comments(2)